歴史ある食品

はちみつの日本での歴史について

はちみつの採取、つまり養蜂がはじまったのは諸説ありますが、スペインなのでは紀元前6000年も前の洞窟の壁画に養蜂の様子を描いた記録が残っています。 日本ではじめてはちみつの記録がでてくるのは、7世紀ころ奈良時代から平安時代にかけてのころです。 しかしながら、日本に古来からいた蜂はいまの養蜂で活躍してくれている蜂とは種類が少し違っていたため、大量に採取することはできませんでした。 それが変わったのが明治時代、西洋からはちみつ採取に優れたミツバチを輸入し飼育しはじめいまのようにたくさんのはちみつの採取に成功しいたのです。 今日でははちみつの健康に対する効能がひろく知られたこともあり、インターネットなので多くの人が手軽に様々な地域で採取されたはみちを食べることが可能になりました。

今後の動向や未来についてご紹介しましょう

はちみつの効能が知られてきている現在、コーヒーや紅茶のように産地で選ぶ人や蜂が集めた蜜がどんな花なのかで選ぶ人が今後はますます増えていくでしょう。 どこ産のはちみつがおいしいかは人の好みにもよりますが、希少な花から集めた産地によってはプレミアがつき高価な商品もでてくることになるでしょう。 そして現在ミツバチの生育環境にもとりくむ姿勢が出てきています。 はちみつは元気なミツバチとそのミツバチが飛び回れる花畑、豊かな自然が必修です。その自然環境を守りながら、みつばちを育て採取することがはちみつの未来でもあるのです。 今後は環境保護にもまじめに取り組んでいるとアピールし、事実自然保護活動をしている養蜂家や養蜂企業が評価される時代になります。